• スノーボード
  • ゴルフのスイングは体重移動を伴い、その体重移動はクラブの動き方を決定します。
    例えば、スイング中に右の踵から左のつま先に体重移動すると、クラブはそれと同じインアウト方向にしか振れないのです。 また重心の位置も適正な位置にないと正しいスイングはできません。
    マジックソールはその体重移動の方向や重心位置のコントロールすることができます。
  • 正しいスイングの為の3か条
  • クラブ軌道イメージ01
  • ①インパクトの瞬間に、クラブフェースが目標線に対して直角であること。
    ②クラブヘッドの軌道が、目標線と一致していること。(インサイドイン)
    ③クラブヘッドの入射角が、ボールを完全に捉えられる角度であること。

    以上の3点が、正しいスイングの為の条件になります。

    ミスショットというのは、上記の①〜③の項目のどれかがずれてしまったときに起きることが多くなっています。 そして、すべての項目に体重移動や重心位置が密接に関係しています。
  • スイング中に前傾姿勢が保てずに、トップオブスイング時に上体が起き上がってしまうという症状は、初心者の方だけでなく、ゴルフに慣れている方でも、やってしまいがちなミスの一つです。
    これは、しっかりと重心を拇子球に乗せられていない、というのも原因になります。
    このような、しっかりと立てていない状態でスイングをしても、長くて重いクラブを思い通りに振ることは難しいので、正しいスイング3か条のうちの【②クラブヘッドの軌道が目標線と一致していること。】と、 【③クラブヘッドの入射角が、ボールを完全に捉えられる角度であること。】がずれてしまいます。
    フォースチップを図1のように貼ると、自然と重心位置が、拇子球のあたりになり、しっかりと地面を踏みしめられるので、スイングが安定します。
    ダブり、トップが多い、ボールが右に出てその後、大きく右に曲がってしまう。
    などのお悩みをお持ちの方は、是非、お試しください。


    スイング中に膝が横に流れてしまい、所謂(壁)ができないという方は、体重を足の内側でうけとめきれていないというのが原因の一つです。
    この状態からスイングすると、正しいスイングの3か条すべてがずれてしまいかねません。
    トップオブスイング時に右膝が右に流れてしまうと、左肘が横を向いて抜けてしまい、【①インパクトの瞬間に、クラブフェースが目標線に対して直角であること。】がずれてしまいます。
    フォースチップを図2のように貼ると、スイング中の体重を自然と脚の内側で受け止めることができるようになり、膝が流れるのを防げます。
    それにより、過剰な体重移動をなくし、スイングを安定させることができるようになるのです。
    ボールの曲がりが治らない、頑張って振っているのにあまり飛ばない、などでお悩みの方、是非、お試しください。
  • フォースチップ取付け位置01